×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚式まで6ヶ月〜前日Six Months to The Day Before The Big Day!!

 会場やドレスも決まり、指輪も用意しました。いよいよ結婚式当日に向け式場側ともディテールの打ち合わせに入くと同時に、お二人の結婚式への招待客を選ばなければなりません。

ブーケ・会場装花Preparing A Bouquet for Yourself!!

 前ページで、会場の雰囲気や飾り付けにドレスを合わせると書きましたが、逆に会場の雰囲気を選んだドレスに合わせるという方法もアリ。十分に担当者と打ち合わせを行なって、ブーケや装花なども納得いくまで検討してみて下さい。

引き出物の選定Presents Given to The Guests!!

 大体\3,000〜\6,000の間で選ぶのが一般的です。遅くとも結婚式当日の1ヶ月前にはおおよその数を把握して注文先に伝え、2週間前には正確な数を伝えましょう。最近は量よりも質を取る方が多く、特にお世話になっている方には別の高めの物を贈ったり、出席者の年齢で品物に変化をつけたりといろいろです。また、それぞれが後にカタログから選んでいただくという方法も大変ポピュラーです。

招待状制作と発送Writing and Sending Invitation Letters!!

 ここまで来るとなかなか戻れませんw! 招待状の準備は早すぎて困ることはありません。予想しているよりも実はかなり手間のかかる作業です。自分たちで作成する場合も、あるいは業者に発注する場合も早め早めを心がけましょう。ゲストの手元に式の2ヶ月前に届くのが理想です。招待状はお二人の結婚式の第一印象を決定づける重要な物です。よほどカジュアルな式を予定してない限りは、おカタクまとめるのが良いでしょう。差出人は両家の父親、あるいは母親と連名で出すのが習わしとなっていますが、最近は当事者二人の名前で出されることも多くなりました。また、発送する日も太陰暦に由来する大安・友引の日が一般的となっています。